患者と話している医者

ラメズは抗てんかん薬のひとつで、ラモトリギンを主成分とする先発薬のジェネリック医薬品です。
てんかんは脳の神経が過剰な電気信号を発する病気ですが、ラメズは神経の興奮を抑えて発作を予防します。
また、かつて躁うつ病と呼ばれていた双極性障害を改善する効果もあります。
ジェネリック医薬品は先発薬と成分が同じで、原則として効き目も変わりませんが、特許料を支払わなくてよいため価格が安くなっています。
法律で特許が早く切れるインドなどでは、ジェネリック医薬品が盛んに製造されています。
ラメズもインドの製薬会社の製品ですが、製造工場は国際機関の認証を受けており、決して危ない薬ではありません。
ただし日本では先発薬の特許が切れていないため、正式にラメズの処方を受けることはできません。
したがって入手するには、個人輸入サイトなどを利用するしかありません。
医師の処方によらないで使用すると、副作用などが心配だという方も多いでしょう。
ラメズの副作用としては、第一に皮膚障害が考えられます。
皮膚や粘膜がただれたり、発疹ができたりしたときは、ただちに使用を中止しなければなりません。
ほかには頭痛、めまい、眠気などの副作用も比較的多く見られます。
一般に抗てんかん薬は、飲みはじめの時期に副作用が現れやすいとされているので、最初は有効成分の含有量が少ない錠剤を服用し、徐々に増やしていくことが大切です。
抗てんかん薬は長期間飲み続けなければならないので、安価なジェネリック医薬品は助けになるでしょう。
また他人に知られずに治療したいという方もいるかもしれません。
そのようなときラメズは有効な選択肢ですが、安全性が保証されてはいないことを知っておく必要があります。