• ホーム
  • ラミズの安全性とてんかん治療効果

ラミズの安全性とてんかん治療効果

患者を診ている医者

てんかん薬のラメズは、発作症状を予防したり、躁うつ病の症状を解決する目的でも使われます。
ラメズは、90年にアイルランドで誕生した比較的新しい薬ですが、既に各国で処方されている実績があります。
副作用は、意識が薄ぼんやりとする症状、発疹やめまいが一般的な問題です。
発疹は、身体症状の一種なので、意識に影響を与える心配はなく安全です。
また、めまいや意識症状に関しては、運転を避ける等の注意は必要ですが、てんかん症状よりは安全性が高くなります。
一方でラメズの治療効果は、体に合えば十分発揮されるので、飲み易い形状と相まっててんかん患者から選ばれています。
ラメズの利点は、新薬の特許が切れた後発品である事から、ジェネリックとして安く入手出来る事が特徴です。
更には、元となった薬の問題や弱点が克服されているので、ラメズの方が総合的な利点は増えています。
飲み方は元の薬と同じなので、服用薬を途中からラメズに切り替えても、普段と同じく飲み続ける事が出来ます。
治療効果を得る為には、ラメズを止めずに飲み続ける事が必要です。
しかし、価格が低く抑えられているので、薬代の負担を減らせる事が後発品の魅力です。
高い効果とリスクのある副作用、効果も副作用も低いといった事がないので、バランスに優れた実用性があります。
ラメズ最大の特徴は、総合的なバランスが良く、治療効果と安全性も同時に確保されている点が優れます。
体に合う事や効き目の強さ等は、薬である限り個人差が発生する事は当然です。
ただ、薬代が高く感じられたり、副作用が気になっている場合は、乗り換えて試す価値のある薬です。
副作用は明確なので、その点にだけ注意を行えば、普段の生活を改善する事が出来ます。

人気記事一覧